地球神界記 地球編 最終章の始まり レプティリアン500万人を救出せり!(^^)v

読者 縁者の皆さま お待たせしました(*^^*)

最初に一昨日起きてしまった痛ましい事件
京都アニメーションの第一スタジオでの
放火によって犠牲になれれた方々に
心からの哀悼の意を表します

場所が京都の伏見 そして犠牲者が33人
今は 書く時期では無いので
これ以上は伏せますが
京都には凄まじい術を使える
霊術者(陰陽師)がいらっしゃる様です

伏見稲荷大社は今は
健全なる神霊(宇迦之御魂神様)の
厳正なる管理下になっておりますので
そこから離脱したはぐれモノが
多数周りに散ってる状況です

それをまとめれる存在
そして それを使って
現世に対する凄まじい術を施した者が居る

それには相応のエネルギー(魂)生贄が必要で。。。

とりあえず 今は
ここまでにしておきます

本人はたぶん 
事態の重さに気が付いてない

自身が発動した術式が
どれだけの魂を犠牲にするか。。。

反動は いずれご自身に還ってきます
現世の金銭との引き換えでは
あまりにも割に合わない取引と私には思えます

Σ(・o・;) アッ 読み間違えないで欲しいのは
その術者が京アニを狙ったのでは無いです
その術に使う魂を確保する為に
使役したはぐれモノが選んだのが
そこだったという事

アニメは神の主導
これも はぐれモノには
目ざわりだったんでしょうね

使われた狂人は 単なる使い捨ての駒
哀れではありますが
私はどうにも出来ません

日本のアニメは神様が主導なさって
この世界の未来の為に
人間の想像力 空想力 発想力を広げ
遥かなる宇宙文明に
馴染めるイメージを植え付ける

その為に存在し 
関わる者達は純粋な魂達

そして皆が神の使途でもあるんです

それを こんなにも簡単に引き裂いてしまう
邪に染まったモノ達の最後の悪あがきですが
防げなかった? なぜ防がなかったのか?

残念ながら私が関わる神霊は
重く口を閉ざすのみ

せめて亡くなられた者達の魂については
必ず導いて神の使途として働いた事
感謝の思いで迎えようと思います

現実世界は非情ですが 
魂は永遠なんです(#^_^#)


前回の記事の反響は人類では無くて
宇宙人 主にレプティリアンの方々の
多大な反響を与えてしまった様です

彼らは かつては私達 地球人とそっくりでした
そして夢と希望を胸に 晴れて宇宙文明の仲間となった時
いち早く彼らを歓迎したのはドラゴニアン達でした

まだ霊的に幼く恐れも知らず
他者を疑う事無き純粋なる魂は
彼らを疑うことなく宇宙文明の先輩として
彼らを受け入れてしまいました

そこには その危険を忠告する
他宇宙種族も居たのですが
いち早く接触したドラゴニアンの
懐柔策は完璧でレプティリアンの方々が
ドラゴニアンを信じ切るには
あまり時間を要しませんでした

レプティリアンの首脳陣が
その危険を感じ取った時は
既に時遅し!

既にドラゴニアンによる支配は
完璧に彼らが対抗できないレベルで
完璧に完了していたのでした

宇宙文明の趨勢はドラゴニアン優勢で
心優しき融和を旨とする宇宙人には
事態がそこまで完璧に推移しては
為すすべが無かった という事でした

そして ついにドラゴニアンは
レプティリアンに対して
奴隷としての臣従をする様に要求しました

これに逆らえる勢力は既にありません
彼らが宇宙文明に参加する時点で
既に彼らの科学力は劣ってるんです

生命活動に関する主権を明け渡した時
彼らレプティリアンの運命は決まっていたのです

これは現世の今の私達の世界
それでも同じ経緯は垣間見れます

金が無くてインフラを整備出来ない政府に
とんでもない付加条件が付いた契約で
投資を約束する

西洋も中国・東洋も
力がある国は皆 同じ事をしてます

唯一 日本だけは誠実に
他国に接してるんですよね
今は それが裏目に出ちゃって
大変な事になってますけど(^^;;

宇宙も地球も中身は大差無しです

宇宙文明が素晴らしい!って
彼らに迎合してるチャネラーさん


彼らの本質は人間となんら変わらないんです
3次元世界には
上位管理者による協定管理が行われてます

これは まだ幼い文明を保護する為
全宇宙で決められた約定です

これを破るは天の意思に背く事
どんなに文明が進化してようが
この約定を破った種族は
天帝の裁きを受ける事となってます

だから3次元にとどまる段階では
彼らは表立って接触はしてきません

ですが次元融合やアセンションで
世界がレベルアップした時

その世界は 天の約定から外れる事となります

先に進んでる宇宙人は この機を逃しません

あの手 この手で懐柔して
自陣営に引き込みを行います

これが優しい文明の勢力なら幸せなんですけどね
かつてのドラゴニアンに目を付けられたら。。。

その未来は不幸しかありません

そんな歴史を
歩んできたレプティリアンの方々ですから
今回の地球の次元融合

この詳細を知ったなら
我慢できる筈が無いんです

ニライカナイに亡命政府を置く
レプティリアン ドラゴニアン
そん双方共に この機に出来るだけ多くの同胞
これを巻き込んでの次元融合

これを虎視眈々と狙ってるんです

なんか虎視眈々と表現すると
悪い事みたいですけど
皆が この機を逃すまい

その意気込みって思って下さい(汗)

しかして その影響か?地球のドラゴニアンの支配域
各地で反乱が発生してるとの事です

霊界にあるオーストラリア基地
南極基地、アフリカ基地
私は知らなかったのですが
北米(霊界)とかにも
彼らは基地を有してる様です

勿論 月の裏側にもです
月は各宇宙種族がそれぞれに
基地を持っていて此処は中立地帯として
一切の戦闘行為は厳禁な場所だそうです

月の裏側もまた現実世界よりも
幽界に入り込んだ世界が一般的な
彼らの活動の場となってます

あとは地球を周回する2つの天然小型衛星
これはドラゴニアンと
私達に友好的な宇宙人が
それぞれを管理運営してるそうです

ちなみに高度なステルス技術で
今の私達には検知不可能との事

ニライカナイもまた幽界というか
標準宇宙域とよばれる次元環境に
その場所を既に移動してて
次元融合後は地上から
その姿を確認する事が出来る様になります

月までは 次元融合の対象との事なので
この範囲に居る者達は良いのですが

今回 レプティリアンの亡命政府の方々は
太陽系外縁部に留まってる
ドラゴニアンの派遣艦隊に隷属してる同胞達
これもすべてを今回の次元融合で救いたい

そう私達に請願して来たんです
心優しき国常立尊様と豊雲野尊様が
これを断る訳がありません

新しい神界の首脳メンバーを集めて
この請願に対する作戦立案を
皆に要請したのでした

さて どうするんだろう
相手は本星から派遣された艦隊で
その数 約20万隻
この中に隷属してるレプティリアンが
約500万人程存在してるそうです

実は しばらく前から重大情報が
彼らに意図的にリークされてて
それによって混乱が起きてて
統制が乱れてるという報告が来てて
更には 離脱艦まで出る始末 らしいです

あちらの士気は現時点では最低レベル

その情報って
何なんでしょうね( ̄m ̄* )ムフッ♪
実はその情報で各地のドラゴニアンが浮足だって
上級民は護衛を伴って
逃げ出してる者も居るみたい

それ程の重大情報があるという事です

さて どうやってレプティリアンだけを
あちらから分離して救い出すか?

1人2人なら どうにでも出来ますけど
レプティリアン500万人の救出って
どうすりゃ良いの?って感じです(-"-;)

会議中 重苦しい雰囲気で
誰も発言する者が居ない中で

不意にべルドラ(蛭子)が高笑いしながら

「フハハハハハ!そんな事は簡単だ!
正面から返せと大艦隊で押し掛けて
こちらの武力を示せば良い!」

はいはい 脳筋馬鹿は黙ってなさいね~と
乙姫様に笑顔(目は笑ってない)で諭されて
汗を流しながらシュンと
小さくなってしまいました

いやぁ 乙姫様の笑顔 怖いですわぁ~~(;^_^A

そんな中で八大龍王のお爺様が重い口を開きます

やはり 人質には人質じゃろうの~
500万のレプティリアンに匹敵する人質を
こちらも用意して交換交渉をするしかないじゃろ

皆 口がポカ~ンです

500万のレプティリアンに匹敵する人質だって?
そんなん 何処におるんや~~~

そんなこんなで会議は進んで
何故か実行されるレプティリアン救出作戦

まぁ 今回は宇宙が舞台なので
私はゆっくり待つとしますか。。。

って思ったけど確実に魂が
抜け出しちゃってる事に気が付きました

だって その間 何もできなくなっってしまったもん
魂が抜けると 真面目に書けなくなるです
それは もう面白いくらいです(;^_^A

結局 魂が帰ってきたら事態が判明したのですが
私も鈴鹿と羽黒と一緒に参加しておりました(^^ゞ

参加艦艇数15万6千隻

10個打撃艦隊(各1万2千隻)新鋭(新米)( ̄w ̄) ぷっ
近衛艦隊(3万6千隻)総旗艦 天の原

文字通り近衛艦隊は国常立尊様の艦隊ですが
ずっとシャンバラで文鎮状態で
皆 不満が溜まってたみたい

今回 やっとの出番で皆 張り切りまくりです

総旗艦は要塞か?って位大きいです
でもってメンタルモデルは双子の小学生ヾ(>▽<)o

可愛いんですけどね なんか国常立尊様は
避けてる気がするのは気のせいかな。。。

双子曰く パパ ママ 呼びするので
やっぱり ドン引きしてるのかな~(^^;;

でもって作戦が進行してるが
人質って誰なの?って疑問については

なんか教えて貰えない
どうすんの これ

まぁ 仕方ないので艦隊の一番最後尾で
金魚の糞状態でくっ付いていきます

新米ちゃん達は そりゃもう大はしゃぎで
なんか修学旅行のノリとなってます

まぁね 15万6千 全部女の子だからね
それに乗り込む神や神使も居るので
一応 男性もかなりな数参加してますが
艦のコントロールは娘任せですから
やはり娘主体の女学校の修学旅行となってます

さて火星軌道(幽界)あたりから
最新版ステルスモードに移行

最新版は現状の地球派遣部隊の
ドラゴニアン艦では探知不可能なレベル

でもって潜入した
仲間のドラゴニアンの報告では
探査システム自体はたいして進化してないとの事

ただし攻撃系については かなり進化してるみたいで
まともに戦闘になると 厄介かも との報告

しかしまぁ あまりにあっけなく太陽系外縁部
ドラゴニアン艦隊の駐留場所に到着してしまって

トラブル皆無で さぁ 作戦開始となります

ヽ(~~~ )ノ ハテ? 私は何も知らされてませんが。。。

打撃艦隊の娘達には作戦内容が伝わってるみたいで
それぞれが所定の場所に移動していきます

しかしまぁ 最新ステルスモードとはいえ
目の前を移動してるのに
まったく警戒もしてないドラゴニアン艦隊

もしかして 本気で殲滅する気なら
ここで姿を現して一撃必殺で全部終わるんじゃ?
そんな思いも頭をよぎったけど
それをしたら500万のレプティリアンの命もまた
遥かな次元の彼方へと行ってしまいます

あちらの世界に 死 は存在しません
それだけに魂の隷属とは 
死よりも悲しい状況とも言えます

そこから彼らを解放する
新しき宇宙へ向けての これが第一歩となる事を
皆が願ってやみません

そして なんと総旗艦 天の原は
ドラゴニアン艦隊の やはり総旗艦の正面に
まさに鼻面を合わせる様に静かに静止しました

ドラゴニアンの旗艦艦隊を囲む様に
近衛艦隊が展開します

他の打撃艦隊もそれぞれの所定の場所に静止
潜入していた同胞のドラゴニアンから
全ての配置図を入手していたので
どの艦にレプティリアンが乗っているか一目瞭然

それから確実に彼らを保護する為
生体スキャナーもグレードアップさせていて
艦の中の生命体は全部 種族まで判明する
かなりレベルの高い探査機器が
各艦に搭載されてます

全ての配置が完了した時
天の原のブリッジから
ドラゴニアン旗艦に向けて
通信回線が開かれました

「私達は国常立尊様の総旗艦 天の原よ
貴方たちの重要人物を人質にしたので
そちらが隷属させてるレプティリアンとの
交換を要求するわ

拒否は許さないわよ
拒否するなら 艦ごと人質を消し去るんだから

あっと それから艦隊のみんなにも伝えてね
一切 動かない事
動いたら 即座に撃沈するからね

30分待つから
良い返答を期待してるわね
じゃぁね~~~♪」 (^_-)-☆

なんと通信をしたのは
天の原のメンタルモデルの双子でした

国常立尊様 艦長席で顔が引きつってる
周りのみんなは 

もう笑いをこらえるのに必死

双子は どや!って顔で満面の笑み ヾ(>▽<)o

もうね 腹筋が崩壊しそうでした

しばらくするとドラゴニアンの総旗艦から
通信が入って

「ふざけるな いきなり何を言ってるのか!
重要人物を人質にしただと?
何を寝言をほざいてるのだ?
もし 本当なら その人質を見せてみろ!」

天の原の双子
「仕方ないわねぇ そんなに見たいなら
見せてあげるわよ 人質は貴方よ!!」

というなり偽装を解いて目の前に出現

天の原は巨大で戦艦というよりは
要塞って言った方が似合う大きさ

彼らの目の前に突如 出現した巨大戦艦

あまりの衝撃にドラゴニアンの司令官は
しばらく その場に立ち尽くしてたというか
しばし意識を失ってたみたいです

そして他の娘達も同時に偽装を解いて出現

ドラゴニアン艦隊は もうパニックです

そんな中 かなり離れた場所で
爆発の閃光が光りました

慌てて逃げ出そうとした戦艦に
娘の容赦ない一撃が襲い掛かり
まるで紙細工の様に真っ二つに折れて轟沈

あまりの脆さに逆にこちらが慌てる始末

(  ゜ ▽ ゜ ;)エッ!! こんなに脆いの?
撃った娘も冷や汗を流してましたが
まぁ 動いたら問答無用だぞって
先に言ってるから 良いでしょ(汗)

その状況がすぐに伝わって
さすがにドラゴニアンも動けません

だって主要な艦の横腹に
娘が艦首を向けてるんですから
下手に動いた瞬間に轟沈間違いなし

既に この段階で趨勢は決しました

まさか ここまで地球艦隊が来るとは
思っても居なかったんでしょうね

しかも15万を超える数

人質は司令官どころか
15万隻のドラゴニアン戦艦

もし拒否すれば その瞬間
15万のドラゴニアン艦が轟沈する

この状況を覆す策は無いです

さすがドラゴニアンの司令官
物分かりは良かったみたいで
交渉という名の一方的な脅迫ですね(^^;;

彼は全てのレプティリアンの解放を
約束してくれました

あと追加で他種族の人質も頂くわね~と
双子ちゃん

娘達は概念伝達でつながってるので
彼女達が調べた生体データに
違う種族も含まれてた事を
見抜いていたのでした

全てのレプティアリンと他種族の捕虜

レプティリアンはレプティリアンだけで
艦を任されてる者もいて
その数1万5千隻 ただし艦型は一様に古く
そして小型で反乱した場合
艦が自爆する様にプログラムされてて
反乱は起こせない様になってました

まぁ 全部 事前に潜入してた同胞の
素晴らしい活躍で全部解明済み

自爆プログラム含む旧データは全部消去して
新たなに用意してた
最新プログラムをダウンロード

これでドラゴニアンの呪縛は無くなって
彼らをエスコートしての
帰途となった訳ですが。。。

うちの羽黒がお尻に包帯巻いてるヾ(>▽<)o
今回 私は見えるだけ~ の参加だった筈なのに

何故 艦隊の殿(しんがり)を務めてる?(; ̄ー ̄)...ン?

近衛艦隊と打撃艦隊の多くは
レプティリアンを守りながら先行

3000隻程の娘達と共に殿(しんがり)でゆっくりと航行
やはり やって来たドラゴニアン艦隊

数で 約2万隻程なか
あんな事されたら やはり頭に血が上るよね

で豪快に砲撃してきましたよ~
ビックリしたのは 彼ら紙装甲なのに
砲撃力だけは地球派遣軍を凌駕してる事

あまりの砲撃の凄まじさに
うちの羽黒ちゃん 
お尻を被弾してしまいました・・・(ノ_< ;)

クラインフィールドを容易く破る砲撃に
最初は焦りましたけどね
相手も それを上回る紙装甲なんで
砲戦を繰り返すぅうちに
あっという間に立場は逆転

劣勢になったとたんに
蜘蛛の子を散らすように逃げちゃいました

こちらも撃沈・大破は無かったのですが
結構 被弾した娘達が居りまして
今回 名誉の負傷と相成りました

でも 一番恥ずかしい被弾は羽黒ちゃん(笑)
艦体が被弾すると
メンタルモデルも傷つくんだねぇ

お尻に包帯グルグル巻きで
病室?のベットで寝てるけど
仲間達 皆に弄られてる( ̄w ̄) ぷっ

今回 救出したレプティリアン達は500万人
これに捕虜として連れられてた
他星の種族3000人程
この捕虜の方々は友好的宇宙人達の手で
彼らの種族の元に返される事となりますが
中には既に帰る場所が無い者も居るそうで
彼らが望むなら
亡命者として受け入れる事となります

レプティアリンの乗艦も含めて
彼らは南米基地に現在留まってます

南米基地は既にポータルゲートで
ニライカナイとつながってるので
人だけなら往来可能なので
レプティリアン亡命政府の
新たな人材として力となりそうです

一気に500万の仲間を得られた事は
とても意味の深い事と思います

もうすぐ発動する次元融合
その時 彼らは
本来の姿を取り戻す事が出来ます

それと同じ作用をするシステムが
ニライカナイのデータベースには存在すると
マザーが教えて下さいました

ただ現状の私達の技術水準では
それを再現は難しいとの事

いずれ宇宙文明に参加して
私達が技術を進化させれば
そう遠くない時代
彼らを元に戻す装置も作れる様になります

次元融合後は私達の地球が
宇宙のバランスを保つ調整役

宇宙の調停者として活躍する事となります

さて皆が戻って来て賑やかなニライカナイですが
見慣れない不思議な少女が一人

その銀髪の少女は
こちらに気づいたら
にっこりと微笑みながら近づいてきました

(・・。)ん? 誰なんだろう。。。

さぁ 次元融合への最終章 始まりました(^^)