私は我が道を行きます 気に入らなければ見なければ良いだけ 強制はしません

読者 縁者の皆さま おはようございます(^^)

コメント欄での一連の騒動
現在 霊的な世界で起きてる事態に
リンクした出来事で私自身は何故なのか?の
把握は出来てるのですが
そして それを解説しようとも思ったのですが
それは 誰の特にもならない苦い思いだけを
この場に残すだけ。。。

そう諭されたので 今日はちょうど仕事休みなので
酒を飲んで それで今回はこれで終わり!

そう思う事にして 本来 酔ってる状況では
文章を書かないのです(コメは書く)が
今回は酔いに任せた記事という事で
あまり本意にはしませぬ様に願います_(^^;)ゞ

私は変わらずの
夢物語を描いてるだけなのですが
トラブルはあちらから やってくる様です

コメント欄に端を発する騒動が起きましたが
 
一つ 忘れて欲しくないのは
ブログとは管理人の世界なんです

コメント欄は そこに訪ずれる客人の発言の場

それは決して対等では無い!という事です
本来なら 気に入らないなら管理人は
その発言を一方的に削除する権限を有してます

その時点で圧倒的に管理者権限が強いという事

どんなに言葉を重ねようとも
コメントする立場 というのは
その立場 をわきまえなければならないという事

私は関わる存在の思いが全てなので
あちらが 消すな!と言えば絶対に消しません

だから 私個人では不快に思う文章でも
決して私の一存では消したりしません

今回の騒動?でも私は一文も削除はしてません

ブログとは管理人の世界ですから
そこを荒らすと認めた相手なら
問答無用で削除出来る立場です

そこに喧嘩腰で文章を投稿する行為

ブログはオープンな掲示板では無い事

管理人が温和だとこれを勘違いする人がいます
とても悲しい事と感じます

ブログは掲示板では無い!
まず この基本を理解して欲しい

これが出来ない人が多すぎて
多くのブログ管理人が
コメント欄を閉鎖してしまいます

己の意見を主張したい!
その気持ちは理解できるのですが
それなら なぜ自分でブログなり
フェイスブックやツイッターで語らないのか?

他人が作り上げた世界に乗り込んで
あたかも自分は全てを知っている
私は凄いんだ!と主張しても
それは他人が作り上げた環境の中

どんなに主張しても 
それは受け入れられる事は無いと知って欲しい

一から作る事の難しさ
自分で作って理解して欲しいと思う

既に出来上がってる他者の土俵に
土足で踏み入ってモラルの欠けた行い 発言は
それは どうみても良き存在の関与とは思えない
あとで どれほど言いつくろっても
その正体は そのとっさの行いに滲み出てしまうのです

よくよく自己を振り返って欲しいと思う
今のままでは その背後の存在共々
住む世界を失う未来しか私には見えない

私の関係する存在達は
放っておけ!と言われるんです

それは。。。。悲しき未来しか見えない

審神者(さにわ)は自分でも出来るんです
過去の文献の語りは古い時代の話

今は 文章を簡単に書いて
パソコンで自分で確認が出来る時代

自分で書いた文章を
曇りのないその思いで
もう一度 読み返せば
それで審神者は出来るんです

その書いた文章で あなたはどう感じる?

私は私が過去に書いた文章で
ドキドキしたり泣いたりしてます

心を揺さぶる文章なら
それは間違いなく
良きあちらの関与なんだと思います

自分で自分は審神者(さにわ)は出来ないという
過去の文献は それはその時代での事

今はパソコンで簡単に文章が作れる
そして それを自分で読むことも出来る

書いた直後では理解できないなら
翌日 一週間後 一か月後に
自分で読んでみる

そこに感動は存在しますか?

私は過去記事読んで
これ 誰が書いたの?と思いながら
涙を流したりしてますよ``r(^^;)ポリポリ

自分の書いた記事で自分が号泣する
来る未来の出来事に心が躍る

私は数日前に書いた文章ですら
自分では忘れてしまう程に
壊滅的に記憶力が悪いんです

だから 過去記事なんて
とっくに忘れ去ってます

ただ これも悪い事ばかりでもない
嫌な事 嫌な思いも早く忘れる事が出来る

たまに 不意に蘇る悪しき記憶
その時は 思い切り凹みますけど
そんな場合は 気分転換して
出来るだけ悪い事は忘れます

今回も 生きた良き経験と思ったのですが
なんだか面倒になったのと
蒸し返すのは性に合わないので
もう忘れる事にします

一連のコメントは全く消去してません

一文一句 そのまま残ってます
もし興味があるなら
そのコメントの流れで
いろいろ読み取って下さいませ

なんだか めんどくさくなったので
まとめるのは止めにします

そんな事をしても楽しくないので。。。

今は私が関わる存在達と
未来を創る毎日の方が
遥かに有意義で楽しいんです

過去の清算も大事だけど
コメント欄で起きた騒動は
これはまた別の話と私は感じてます

そこに いろんな関係の思惑もある事

これも承知の上ですが
間違ってはいけない事

既に世界は変わるという事

騒動を起こした あなた方の思う様な世界は
この先には存在しないという事

未来は既に確定事項な事

それを踏まえて ここに関わったのですから
毒の棘をもった芋虫は流麗な蝶へと変化するドラマを
期待しております

しらふの状態では書かせてもらえないので
今回は深酒してる状態で 素 の私で書いてみました

どうです? あちらの関与の無い私

全く普通の人間でしょ?

ヨーロッパ戦線から連絡役で帰ってきた
娘の笑顔見てたら 
どうでも良くなった案件でした♪ (=^~^)o∀ウィー